お風呂

お風呂場の蛇口から水漏れしたときの解決策

LINEで送る
Pocket

お風呂も長く使っていると、そのうちに蛇口から水漏れが発生することがあります。おまけに例え蛇口の元栓を強く締めても、ポタポタと水が漏れてしまうのです。

こうした蛇口からポタポタと水漏れが発生するというトラブルは、お風呂に限らすキッチンや洗面所においても蛇口があれば同様のトラブルが発生する可能性があります。

ここでは、そんな蛇口から水漏れが発生した場合の解決策について詳しくご紹介いたします。

サーモスタット混合水栓の場合

バルブを交換する

水漏れの解消方法の前に、まずはサーモスタット混合水栓の仕組みについてご紹介いたします。

このサーモスタット混合水栓とは、自動温度調節機能がついている水栓のことをいいます。この自動温度調節機能についてですが、例え水圧を変えたり給湯温度を変えたりしても常にお湯の温度を一定に保つことができる機能なので大変便利です。

こうした便利なサーモスタット混合水栓であっても、長く使っていると蛇口からポタポタとお湯が落ち続けるというトラブルが発生します。この場合、バルブの交換をすることで解消されます。

ただし、バルブの交換で解消されない場合もあります。その場合には、蛇口を含む本体全部の劣化が考えられます。もちろんそうなると、本体を丸ごと新品の物と交換する必要があります。

パッキンを交換する

蛇口からの水漏れには、蛇口と本体とを接続するネジの部分からの水漏れの場合もあります。

その場合には、パッキンを交換すると解消されます。ただしそれでも水漏れが解消されない場合には、上のケースと同様に蛇口を含む本体全部の交換が必要になってくるでしょうね。

大まかには、5年前後でバルブやパッキンの劣化が激しくなってきます。また10年を経過すると、蛇口部分を含む本体全部の劣化も顕著になります。

ちなみにバルブやパッキン程度なら、最寄りのホームセンターで購入することができます。

ところが蛇口部分を含む本体全部ともなると、やはりメーカーに問い合わせて純正品を取り寄せるか、もしくはホームセンターで販売している既製品と丸ごと交換するという方法しかありません。

レバー式混合水栓の場合

バルブを交換する

レバー式混合水栓とは、最近流行りだした物です。

とくにシステムキッチンなどには、とてもオシャレなイメージがあるので大変人気があります。ただしそんなオシャレな物でも長く使っていると、昔ながらのハンドルを回して水を出すタイプと同様に水漏れのトラブルが発生してしまいます。

例えばよくある水漏れが、蛇口部分からポタポタと水漏れが発生して止まらないというトラブルです。

この場合は、上述したサーモスタット混合水栓と同様にバルブカートリッジの劣化やOリングなどパッキンの劣化が考えられます。

そのため、最寄りのホームセンターで新品のバルブカートリッジやパッキンを購入してきて交換すると水漏れも解消されます。

パッキンを交換する

レバー式混合水栓の胴体本体の上部や下部から水漏れが発生している場合には、胴体部分の中にあるUVパッキンなどの劣化が考えられます。

これも上述したサーモスタット混合水栓の水漏れと同様の症状なので、胴体部分を分解してUVパッキンを交換する必要があります。

ちなみにこうしたバルブやパッキン類は、それぞれのメーカーやグレードによって様々な大きさや形状に分かれています。

そのため劣化した物と同じ型番もしくは同じ形状の物と交換しないと、再び同じ水漏れが発生してしまう可能性があります。

そのため自分でホームセンターで購入する場合には、その点だけはくれぐれも注意する必要があります。

まとめ

お風呂の蛇口から水漏れが発生するトラブルについてご紹介いたしました。

こうした水漏れトラブルは、お風呂に限らずキッチンや洗面所でも同様のトラブルが発生するので、今回ご紹介した解消方法を水平展開しながら活用なさってみて下さい。

こちらの記事もどうぞ → ガンコな換気扇の油汚れを落とす!重曹やセスキでスッキリ解決

LINEで送る
Pocket